マイホーム予算の決め方の秘訣!いくらまで借りていいの?

マイホームを失敗せずに購入するには、資金計画から始めないといけません。

では、いくらまで借りれるのでしょうか?

購入予算は「保有資金+借入金」となります。この予算をしっかり決めておかないと、購入後の生活が苦しくなり最悪のケースではローン破綻することになります。ここではローン破綻しない資金計画を紹介します。

<スポンサーリンク>




借入金は「借りられる金額」ではなく「返せる金額」から考える

これがポイントです。
「いくら借りれるか」ではなく「いくらなら返せるか」の観点で計画する必要があります。何故なら、銀行から借りられる金額は「年収の約9倍」まで大丈夫なこともあり多額の借り入れが可能だからです。契約時点では問題なく払える金額と思っていても、この先ずっと払い続けられる保証はありません。生活環境に変化があってもローン返済をし続けなければならず、不測の事態で支払いが滞ればローン破綻となります。これが「賃貸物件」であれば、安い家賃の物件へ引っ越せば良いのですが、「持ち家」の場合はそうはいきません。ローンの支払いが苦しくては、毎日の生活に余裕が無くなり幸せどころではありません。

大事なこと:ローン完済まで払い続けられる金額を年間の返済額とする

では、いくらなら返せるか?

1.借り入れ総額で考えず年間返済額をまず決める
・年間返済額の上限は、年収の20%以内
理想は年120万以内。多くても180万以内に抑えたい。
・毎月支払いのみとしボーナス支払いは設定しない

2.総額の返済可能額を計算して、借入金を設定する
・定年までにローン完済させる

この手順で計算していけばローン破綻せず返済できると考えられています。しかしローン破綻の実事例を踏まえると、年収1000万までなら年間返済額の理想は120万以下、多くても180万以下に抑えるべきです。そんなに少なくて良いの?と思うかもしれませんが、確実に払える金額を毎月の返済額とすることで生活に余裕が生まれます。余剰金があればローンの繰り上げ返済をすれば良いのです。
ローン破綻が多いのは高収入のゾーンというデータも報告されていますで、背伸びせず堅実な計画にしましょう。

年間返済額:年収の20%以内
年収: 400万→年間返済額: 80万以内、月返済額: 6.7万
年収: 600万→年間返済額:120万以内、月返済額:10.0万
年収: 800万→年間返済額:160万以内、月返済額:13.3万
年収:1000万→年間返済額:200万以内、月返済額:16.7万

定年までにローン完済させる
住宅購入:35歳、定年:60歳とすると、定年まで25年ですので、
返済総額は、年間返済額×25年となります。

返済期間25年の場合の返済総額は、以下の通りとなります。
年収: 400万→返済総額:2000万以内
年収: 600万→返済総額:3000万以内
年収: 800万→返済総額:4000万以内
年収:1000万→返済総額:5000万以内

ここで注意したいのは、借入額≠返済総額 ではありません!!何故なら金利を考慮していないからです。
毎月の返済額から、<→借入可能額を計算するサイトがありますのでご自分の条件で計算して下さい。
こちらで先ほどの条件をあてはめると、借入額はこのような結果となりました。

借入額(条件:期間25年、金利1.5%、元利均等返済)
年収: 400万→借入可能額:1675万
年収: 600万→借入可能額:2500万
年収: 800万→借入可能額:3325万
年収:1000万→借入可能額:4175万

まとめ

「いくら借りれるか」ではなく「いくらなら返せるか」を考える

1.借り入れ総額で考えず年間返済額をまず決める
年間返済額の上限は、年収の20%以内
理想は年120万以内。多くても180万以内に抑えたい。
年200万ではローン破綻の危険性が高くなる。
毎月支払いのみとしボーナス支払いは設定しない
2.総額の返済可能額を計算して、借入金を設定する
定年までにローン完済させる
3.毎月のローン返済をしても余剰金がある場合は、繰り上げ返済をする

マイホームを手に入れ、家族みんなが幸せに暮らせますように。

【あわせて読みたい関連記事】
<→マイホームの登記を自分ですると20万節約できる方法(体験談)
<→ハウスメーカーのおすすめは?ランキングは?工務店はどう?
<→マイホーム諸費用を110万安くした実体験を紹介します
<→マイホームでのオススメ設備。あってよかった設備(体験談>)
<→住宅ローンを安くするカラクリ。返済期間と金利どっちを優先すればいい?
<→住宅ローンの頭金を100万円増やすとどうなる?頭金VS繰り上げ返済
<→マイホームで後悔しないたった1つのコツ
<→マイホーム・住宅ローンで頭金の目安はどのくらい?
<→住宅ローンの失敗例、破綻事例
<→マイホーム予算の決め方の秘訣!いくらまで借りていいの?
<→マイホームで失敗しないお金の話(契約した人は見ないで下さい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA