生活費見直しの第1歩!らくらく節約術

生活費節約のコツ、生活費を見直す場合は、何から手をつければ良いのでしょうか?


結論:やみくもに節約しても続かない。まずは家計簿で現状の把握をする。

<スポンサーリンク>




家計簿が生活費節約の第一歩

生活費を節約しようとしても、住居費や食費など多くの課目があるため何から手をつけて良いか分かりませんせん。使い過ぎている課目が何か、あたりをつけないと効果的な節約はできません。まずは、1ヶ月の収支を確認することが、生活費見直しの第1歩です。そのためには、やはり家計簿をつけなければなりません。でも、家計簿って面倒ですよね。面倒な家計簿をどうするか?これが今回のポイントです。

家計簿をつけると30万円節約できる?

家計簿は最近では本屋だけでなく、100円ショップ、雑貨などさまざまなお店で扱われています。また、スマホアプリもたくさんある状況です。何度もチャレンジしたけど続かない・・そんな人も多いのでは無いでしょうか?しかし、ある統計調査では、家計簿を「つけている人」と「つけていない人」の1年間の貯金額は「30万円の差」があると報告されています。当然「家計簿をつけている人」の方が貯金が多くなっています。つまり、家計簿をつけると月2万以上は節約できるという統計結果となります。

家計簿をつける方法は5つ

・普通のノートに書く
・専用の家計簿に書く
・レシート貼るだけ家計簿
・Excelシートへ入力
・スマホアプリ

最も大切な事は続けることです。ご自分にあった方法を試して下さい。

家計簿の記録は1週間以上は貯めない

ノートに書いたり、記録する場合は、ためてしまうと「面倒くさい」ので、こまめに記録しましょう。

レシート貼るだけ家計簿は簡単

このサイトの管理人は、数年前まで「レシート貼るだけ家計簿」を愛用していました。気に入っていた点は、とても簡単なところです。それぞれの課目の予算を決め、レシートをテープで貼ることで実績を管理していくのです。これで予算と実績が一目瞭然。月の途中でも、ぱっと見て「今月は順調だな」とか「ちょっと使いすぎているな」と分かるところが素晴らしい点となっています。

オススメはスマホアプリ

現在は、スマホアプリ「マネーフォワード」を利用しています。このアプリの優れたところは、家計簿の機能だけでなく銀行口座やクレジットカード、ポイントカードと連携させることができる点です。
このサイトの管理人は、現金での買い物は極力控え、基本はクレジットカードが、電子マネーで支払っています。そうすると、家計簿アプリへ自動的にデータが反映されるので自分でわざわざアプリへ入力する必要がありません。現金で支払った場合は、直接入力はもちろんのこと、レシート入力も可能です。
また、このアプリ1つで株式などの資産管理すべてできるようになっています。不安な点は、パスワード漏洩による個人情報の流出です。各種の金融機関と連携していることがメリットである一方、情報が流出すると芋づる式に資産情報・個人情報がバレるので大きなリスクがあります。万一の時に備え、「マネーフォワード」のパスワードは「他のパスワードと共用にせずできるだけ長く最強のモノ」を設定しています。

このほかにも、タイプ別でスマホアプリがありますのでご自分の生活スタイルに合うものを検索サイトで確認してみて下さい。
・総合管理タイプの家計簿アプリ
マネーフォワード
Zaim(ザイム)
MoneyTree(マネーツリー)
・レシート読み取りタイプの家計簿アプリ
レシーピ
・手動でシンプルに使える家計簿アプリ
おカネレコ
かけ~ぼ
シンプル家計簿ーMoneybook

このように、家計簿を付けご自身の家計の現状を確認しましょう。そして、使いすぎている課目について予算を設定し、節約するを減らす工夫をしましょう。節約自体は、地道な努力の積み重ねですので、すぐには結果が出ないかもしれません。しかし、家計簿を付けていれば、少しずつでもその効果は実感できます。
あきらめずに、続けてましょう!

あわせて読みたい<→生活費を節約するたった1つの鉄板術!一人暮らし・夫婦もらくらく貯金
<→クレジットカードの使いこなしで生活費を節約するコツ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA