【転職】プラントエンジニアだった僕が転職活動で失敗したこと

いざ「転職しよう」と決意しても、転職して失敗したら怖いですよね。
私は、一度転職をした経験がありますが、やり方が悪くてうまくいきませんでした。
皆さんが、転職で失敗しないように、私が経験した事例を紹介します。

<スポンサーリンク>




結論

転職活動で、大手企業を狙うなら「経験のある職種」に応募する!
未経験の職種への転職したいなら、小さな会社で良いので経験を積むこと。

私の経歴

大学の機械工学科を卒業後、プラントエンジニアリング会社に入社し化学プラントのプラントエンジニア(施工管理技術者)として働いていました。
しかし、新卒で就職活動をしていた時に、「精密機械メーカーの機械設計」にも興味あったのです。この思いが捨てきれず「機械設計」の仕事に就きたくて、転職活動をしました。

「プラントエンジニア(施工管理技術者)」と「精密機械メーカーの機械設計」は、同じエンジニアなので、似たような仕事と思うかもしれません。しかし、中身は全く求められるスキル、キャリアが違うのです。
つまり、私は未経験の職種への転職活動をしたのです。

実際どうだったの?

2年間転職活動をして数社の面接を受けましたが、全部×でした。受験した会社は、一部上場企業や業界大手企業でした。
面接では、私のスキル・キャリアが募集している職種で使えるかどうか?を審査されましたが、うまくマッチングしませんでした。

驚いたのは面接の中で「あなたが応募した職種では無いが、あなたの経験を生かせる職種があるので働いてみない?」をオファー受けたことがあります。
やはり、中途採用者を即戦力として考えていることがはっきり分かりました。

当時のことを振り返り、失敗した原因を冷静に考えてみました。企業は中途採用者は、どんあ人が欲しいでしょうか?
・経験があって、その職種をやりたい人
・未経験で、その職種をやりたい人
・経験があって、その職種をやりたい人
・未経験で、その職種をやりたくない人

当然、「経験があって、その職種をやりたい人」です。
一方私は、「未経験で、その職種をやりたい人」だったのです。企業としては、余程将来性が無いと採用しませんので、内定がとれないのは、当たり前ですね。

しかし、未経験の職種でも採用してもらえる企業があります。
それは、人手不足が深刻な「中小企業」「人材派遣会社」です。
「未経験の職種で働きたい」意思が固いなら、まずは「中小企業」「人材派遣会社」で内定を取り、2~3年経験を積んでから、大手企業に転職すればキャリアも給料もアップします。

まとめ

未経験の職種への転職はやはり難しい。
転職活動で、大手企業を狙うなら「経験のある職種」に応募する。
どうしても、未経験の職種への転職したいなら「中小企業」「人材派遣会社」で経験を積む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA