毒物劇物取扱責任者試験のおすすめテキスト(参考書、過去問集)は?

毒物劇物取扱責任者、毒物劇物取扱者試験に一発合格した時の経験を元におすすめのテキスト(参考書、過去問題集)を紹介します。

毒物劇物取扱者試験は、比較的簡単といわれる資格ですが、私はテキスト選びと勉強の進め方に失敗して、とても苦労しました。反面教師として、これから受ける皆さんの参考になれれば幸いです。

毒物劇物取扱責任者の勉強を始めてまず悩むのがテキスト選びですよね。
本屋に行くとさまざまな種類のテキスト(参考書・過去問題集)が並んでますし、私も色々悩みました。

<スポンサーリンク>




結論:

まず、勉強のコツは、過去問をひたすら繰り返し解くことです!過去問1冊を最低3回は解いてください。

ですので、テキストは過去問集に特化したものを選んでください。

参考書は、過去問集の解説で勉強に行き詰まるなら補助テキストととして購入してください。過去問だけでOKなら参考書は要りません。

一度テキストを選んだら、コロコロ変えずに信じて使い続けて下さい。一番大事なのは、粘り強く過去問を繰り返し解くことです。

■おすすめのテキスト

・過去問集

おすすめの過去問集は、公論出版が出している「過去問集」です。。
2019年度版からは、東日本編西日本編の2冊が発売となっています。

created by Rinker
¥2,800 (2019/09/20 15:44:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,800 (2019/09/20 15:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

オススメの理由は、過去問に特化している問題集だからです。やはり「過去問題集」を購入すべき。試験会場で半数近くの受験者が持っていた過去問題集がこれです。

私が、実際に使ったテキストは、「参考書と問題」が一冊にまとまったタイプでした。解説と問題がコンパクトにまとまっているので、使いやすそうでしたが私には合いませんでした。

今思えば、「過去問集」を中心にドンドン問題を解き、分からないところを「参考書」でチェックするやり方がベストだと感じました。他の資格もそうですが、過去問を中心に何度も繰り返して問題を解くのが合格へ近道です。この時はまだ、過去問の大事さを理解していませんでした。

・参考書

参考書は、この中から選んでください。どの参考書を選んでも大差ありません。

カラーページの量で値段が変わります。安いから情報が少ないの?と言えばそうではありません。どの本でも合格に必要な情報は載っているので大丈夫です。

本屋で実際に本の中身を見て自分の好みにあうものを選んでも良いと思います。

まとめ

最後に一番伝えたいのは、テキスト選びは大切ですが、テキスト自体に大差はありません。

大事なのは、勉強のやり方です。

過去問を繰り返し解き、答えを暗記するレベルを目指しましょう。参考書を読み込むだけでは、試験合格は難しいです。実際、私は参考書中心の勉強だったので、本番試験は相当手こずりました。合格ラインギリギリだった思います。

私と同じ失敗をしないように、試験の勉強を頑張ってください。
→毒物劇物取扱責任者試験の難易度は?勉強方法は?勉強期間は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA