資格取得のために長時間勉強する7つのコツ

資格取得するためには、多くの時間勉強しないと合格できません。しかし、なかなか長時間勉強するのは難しいですよね。

今回は、長時間勉強する7つのコツを紹介します。

・誘惑を断つ
・勉強する環境を変える
・脳を飽きさせない
・勉強している他の人から刺激を受ける
・適度に休憩する
・達成感を得る
・頑張った自分にごほうびを与える

・誘惑を断つ
いざ勉強を始めてもテレビ、スマホ、音楽、お菓子などの誘惑があり、なかなか勉強に手が着かないことありますよね。まずは、この誘惑を断つことです。短時間であれば我慢できますが、誘惑がある場所で長時間我慢して勉強するのは困難ですよね。その対策は、自分の目の届く範囲に誘惑となるものを置かないことです。例えば、テレビが無い部屋で勉強したり、スマホは別の部屋に置いて勉強するなど工夫すると良いでしょう。

・勉強する環境を変える
誘惑を断ち自宅で勉強をしても長時間の勉強は難しいことがあります。そんなときは、勉強する環境を変えましょう。例えば、図書館、ファミレス、カフェ、ファストフードなど。家から外に出ることで、誘惑からも解放されます。管理人もいろいろな場所で勉強しましたが、ある程度の雑音があることでかえって集中して勉強することができました。図書館は長時間居ても大丈夫ですが、ファミレス、カフェ、ファストフードはあまり長時間滞在すると迷惑になるので注意しましょう。

・脳を飽きさせない
人間の集中力が続く時間は90分程度を言われています。また、同じ科目を続けて勉強していると脳の働きが低下します。効率的に勉強するには、90分毎に休憩を入れ勉強する科目を変えながら、脳をリフレッシュさせましょう。これを繰り返すことで飽きずに勉強を継続することができます。

・勉強している他の人から刺激を受ける
長時間勉強していると、モチベーションが下がりやる気がなくなる時があります。モチベーションを下げないためには、必死で勉強している人から刺激を受けましょう。おすすめは図書館です。図書館では、学生、社会人などが目的を持って必死で勉強しています。このような環境に身を置くとやる気が湧いて、長時間勉強を続けることができるのです。

・適度に休憩する
先に述べたように人間の集中力が続く時間は90分と言われています。この間隔で休憩をいれましょう。休憩すると脳がリフレッシュし勉強の効率も上がります。また、勉強中に疲れて眠くなった時は、無理せず寝ましょう。15~20分程度の昼寝をすると、脳の機能が急速に回復し仕事の効率が上がると言われています。

・達成感を得る
「長時間続けて勉強ができた」ことを褒めて下さい。「自分はがんばった」「やればできる」と達成感を得ることで今後も継続して勉強することができるのです

・頑張った自分にごほうびを与える
長時間勉強した自分にご褒美をあげて下さい。次へのモチベーションにつながります。なぜなら、勉強は継続しなければいけません。長時間の勉強を辛い記憶でなく楽しい記憶として脳に刻みましょう

いかがでしたか。普段勉強していない人が、いきなり長時間勉強するのは大変です。しかし、少しづつ慣らしていけば大丈夫です。

幸運を祈ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA