2020年 2月 の投稿一覧

【追徴課税450万】個人事業者に来た税務調査の体験談①

税務調査を体験したとがありますか?経験したくもありませんが、税務調査は個人にもやってきます。
今回は、個人事業主の知人(Aさん)の体験談を紹介します。

税務署からの電話

11月のある日突然、税務調査の電話が自宅に掛かってきました。
電話は平日に掛かってきましたが、Aさんは不在でした。電話を取ったのは、奥さんだったそうです。

税務署:「●●税務署です。Aさんは居ますか?」
奥さん:「不在です。」
税務署:「確定申告の書類で気になることがあるので、Aさんとお話をしたい。」

プロフィール

ここで、Aさんのプロフィールを紹介します。
Aさんは、サラリーマンで不動産賃貸業を行っています。

不動産賃貸業は、開業8年目で確定申告(青色申告)をしていました。
日頃の帳簿の管理や経理業務、確定申告の作業は税理士に依頼せず、Aさんの奥さんが行っていました。Aさんは経理業務の全てを奥さんに一任していた為、経理の詳細を知らなかったそうです。

税務調査の電話は、開業8年目に来ました。それまで税務署からの連絡は一度も無かったそうです。

税務調査の事前通知

税務署:「確定申告の書類で気になることがあるので、Aさんと直接話をしたい。」
奥さん:「確定申告は私がやっていますので、私がお答えします。」
税務署:「Aさんご本人と直接話をしなければなりません。」
奥さん:「経理のことは私に一任されています。Aさんは、確定申告や帳簿の中身を一切知りません。私がお答えします。」
税務署:「確定申告の不動産の部分について調査をさせて頂きます。経費の詳細を知りたいので確認をさせてください。」
奥さん:「分かりました。私が対応します。」
税務署:「来週か再来週には話を聞きたいので、平日で都合の良い日を教えてください。その時には、Aさんも同席してください。」
奥さん:「Aさんは、会社員なので平日だと会社を休まないといけません。私だけではダメですか?」
税務署:「全権を奥様に委任することを、Aさんに確認できれば同席しなくても良い。まずは、Aさんに税務調査を開始する通知をしないといけないので、税務署に電話をするように伝えてください。」

Aさんは、奥さんからの伝言を受け税務署に電話をしました。

税務署:「これは税務調査の事前通知の電話です。確定申告の不動産の内容について調査を始めます。まずは、過去3年分調査をします。問題無ければこれで終了ですが、状況によっては、さらに2年分さかのぼることになります。あらかじめ、ご了承下さい。つまり、合計5年分を調査することになります。来週か再来週には話を伺いたいので、領収書や請求書、経費の帳簿を準備してください。会社を休めないようでしたら、奥様に一任して頂いても結構です。」
Aさん:「経理の詳細については把握できていないので、私は質問に対してお答えできません。今回の応対は妻に一任します。」

以上が税務調査の事前通知の電話です。

税務署と対面しての調査(1回目)は、奥様が税務署に出向いて対応することになりました。
ちなみに、調査を受ける場所は、どこでも良いそうです。税務署に出向いても良いですし、税務署に自宅に来てもらっても良いそうです。しかし、普段事務作業をしている場所もチェックされるので、一度は自宅に来るようです。

個人事業者に突然来る税務調査の流れは?体験談をずばり紹介

税務署からの税務調査の事前通知の電話は、なんの前触れも無く突然やってきます!
実際にどんなことを調査されるのか気になりますよね?追徴課税はどれくらい?
個人事業主の知人の体験談を元に、そんな気になる情報を紹介します。

個人にも税務調査は入りますので、いきなり来て慌てないようにしましょう。

結論:

税務署が任意の税務調査をするには、それなりの裏付けがあるようです。
電話が掛かってきたら「申告した内容を疑われている」と思ってください。
くれぐれも記帳や申告を間違えないように「会計ソフト」で帳簿管理をしましょう。


目次

個人事業の概要紹介
何年目で入った?何月に来た?
電話が来てから調査開始までの期間は?
税務調査を受ける場所は?自宅?
調査完了までにかかる期間は?
税務調査の全体の流れは?
追徴課税をいくら払った?

個人事業の概要紹介

開業8年目の不動産賃貸業で、青色申告を届出。
年間の打ち上げは、1000万未満。
税理士は雇わず、自分で経理や確定申告を行っていた。

Q:何年目で入った?
A:開業8年目で税務調査が入った。
これまでは一度も連絡が来たことはありませんでした。

Q:何月に来た?
A:11月の下旬に来ました。秋に税務調査が盛んになるようです。

Q:電話が来てから調査開始までの期間は?
A:「来週か再来週に話を聞きたい」とのことでした。
任意の調査であっても、正当な理由が無いと断れないそうです。

Q:税務調査を受ける場所は?
A:調査を受けた場所は、税務署と自宅の2カ所でした。
個人が税務署に出向いてもOKですが、税務官は自宅にも来ました。
自宅では書類や通帳、PCのデータを細かくチェックされます。

Q:調査完了までにかかる期間は?
A:電話が来てから調査を受けて追加納税が終わるまで3ヶ月掛かりました。

Q:税務調査の全体の流れは?
A:
1.事前通知(電話)
2.税務調査の趣旨説明(対面)
3.税務官、自宅訪問(PCデータ、帳簿、通帳、契約書提出)
4.税務官が収入、経費調査
5.申告に対する誤りの指摘(質問応答記録書にサイン)
6.修正申告
7.追加納税の納付書受領(後日、市民税を納税)

Q:追徴課税をいくら払った?
A:450万。これに住民税がプラスされました。

まとめ

税務官は、気になる点・おかしな点について質問をしてきますが、聞かれたことだけに答えましょう。

後ろ暗いことが無く、つじつまが合っていれば大丈夫ですが、申告した内容や記帳が間違っているとダメです。
今回紹介した方は、税理士に依頼せず「会計ソフト」を使って自分でやっていました。
使っていた会計ソフトは「やよいの青色申告/白色申告」です。このおかげで税務官の印象も悪くなく、修正申告も簡単に出来ました。
簿記や会計の知識が無くても、迷わずに入力ができて確定申告も簡単にできるのでオススメです。

created by Rinker
弥生
¥11,182 (2020/07/03 19:10:56時点 Amazon調べ-詳細)